良さ日記

スパークリング麦ジュースをこよなく愛し、ホップとポップを嗜む男の「良い物」紹介日記。

担当のライブで1回も泣いたことがなかった北条加蓮Pの話。

ライブで、加蓮の曲で泣いたことがなかった。

 

たとえば、Sparkling GirlやRockin' Emotionなんかは、「安直すぎるのにライブでなんか絶対泣ける曲」代表であるし、マイ・スイート・ハネムーンは「まゆが愛が形変えてゆくことについて歌うなんて……」と言って泣く曲である。

 

cherry*merry*cherryなんかも好きなポイントが完璧に決まっててつい泣いちゃうタイプの曲。

 

歳を取ると涙脆くなるのはどうも前頭葉の理性的な働きが鈍くなるためだと最近知り、怒りっぽいジジイへの布石なのか……とつらい気持ちになったのはこの際置いておこう。

 

そんな僕なのだが、加蓮の曲で泣いたことがなかったのである。

 

アイマスというコンテンツも好きだしライブに行くのも好きだけれど、そのあたりは割と「担当はゲームの担当、ライブはライブで曲を楽しむ場」と、ドライに線引きしていたのかもしれない。

 

だから担当が出なくともライブに行きまくるモチベがあったといえばそうなのだろう。

 

しかし、今回僕は、渕上舞の顔を見て大泣きしたポイントが有った。

 

Sun! High! Gold!の2番である。

 


【アイドルマスター】「Sun!High!Gold!」(歌:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS for BEST5!)

 

Sun! High! Gold!自体もサビのメロが僕の泣きポイントを刺激してくるタイプの明るいメロなので、それなりに音源の時点でも来るものがあった。

 

しかし7th大阪、Sun! High! Gold!が歌われたのは佐城雪美役の中澤ミナさん、夢見りあむ役の星希成奏さんが歌う枠だということが1日目の「夢をのぞいたら」によって刷り込まれていた。

 

総選挙曲はあくまで新ボイス勢のためだというふうに思い込んでいたのである。

 

それに、初日の薄荷アコースティックver.がとても良かった。涙しなかったものの、それが何故なのかは説明できないほどに良かった。

 

初日は少しコンバスの音が響きすぎたものの、ロックで生バンドというコンセプトのライブで担当のバラード曲をカホン、アコギ、コンバス、ピアノという特殊な編成でやってもらえたのがとても良かった。発想の勝利である。

 

 

なので、ここでまさか北条加蓮こと渕上舞さんが出てくるとは夢にも思っていなかったのである。

 

ここで完全に、エンタメの極致たる「良い意味での裏切り」を食らってしまったのだ。

 

2人の人間が2番から出てきた時、一瞬で誰か判別した僕の脳は一瞬で涙を流したのである。

 

デレマスのパッション的な好きなタイプのアップテンポな泣き曲で、裏切りを食らうという喜び。

 

これに僕の涙腺はぶっ壊れた。

 

これが僕が初めて味わった、担当で泣いたという体験である。

 

それも含めて、忘れられないほどに良いライブだった。

 

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

憧れの「世界一暇なラーメン屋」に行けた話。

ポップとは、裏切られることである。時にはそれが明白であっても。

 

「世界一暇なラーメン屋」という店が大阪にある。

 

まあ、閑古鳥が鳴いているというラーメン屋はそこかしこにある。柏に住んでいれば痛感することだ。

 

都内で「美味しい」ともてはやされている味を劣化コピーしただけの、悪くないがどこでも食べられる味。

 

そんなものを差し置いて「世界一暇」だと?

 

そんなわけはない。

 

こんな店名を付けるということは、つまり自信の現れである。

 

「うちが世界一忙しいだろう」という思いの発露が店名に出ているのだ。

 

すなわち。

 

これはポップだ。

 

嫌いが好きになり、好きが嫌いになる。

 

ポップスの常道、裏切りを店舗名に仕込んできたということだ。

 

ならば、ポップスの伝道師として試さなければならない。

 

たとえ食べログのスコアが3.7を超えている、美味いとわかりきった店だとしても。

 

それが見えている地雷だとしても。

 

踏まなければならない。というか単純に美味いラーメンが食べたい

 

というわけで行ってきた。

 

f:id:along1366:20200217025506j:image

風格のあるメニューだ。この店名を店頭には出していないところといい、ゴシック体を使いこなすラーメン屋は美味いと決まっている。老後にラーメン屋をやるならゴシック体の店名で決まりだ。

 

f:id:along1366:20200217025456j:image

置いてあるビールはCOEDO系列。高級志向であり、美味いと決まっているビールである。「COEDOのビールなんかに負けるわけないでしょ、うちのラーメンが」そんな気概さえ感じる。大阪なのに。
f:id:along1366:20200217025459j:image

そして「うちのラーメン語るならまずチャーシュー食え」とあったので頼んだチャーシュー。美味い。香ばしい。脂は冷え始めて固まっているはずなのに、それを舌がまずいと認識してくれない。それだけの旨味があるチャーシューだ。セットの味玉はジャンケンで負けたので食えなかった。無念。

f:id:along1366:20200217025503j:image

そして本丸であるラーメン「RED WITCH‘S」は、視覚を惑わすほどのデカい丼にチャーシューが覆いかぶさり、麺は見えない。

 

しかしチャーシューというラーメン最大の誘惑を振り切り、麺を発掘する。

 

すると。

 

全粒粉でもないのに小麦の味を感じ、その時点で舌が降参する。

 

美味いのだ。

 

こんなに美味いラーメンを食ったことがない。

 

卓上にレンゲがあったのに気づきスープを飲む。

 

これは。

 

醤油ベースにもかかわらずゴクゴクと飲める。

 

スープがゴクゴクと飲める、西洋のスープを語源とするならば、これが本物のスープだ。

 

今まで食べてきたラーメンのスープのほとんどはスープではなかった。

 

ゴクゴクと飲める「スープ」然としていないからである。

 

そんな事をしつつもちゃっかりと先ほど到着したチャーシュー増しをスープに浸すと、またさらに旨味が増す。

 

スープにほんのりとした炙りの香り。

 

こんな組み合わせに勝てる人間がいるのか?

 

そうしているうちに、ラーメンとビールがなくなっていた。

 

一緒に頼んだ肉丼もだ。

 

今後、大阪を訪れることがあれば必ずまた来たい店舗になった。

子供を教える先生も、また子供のような人間である。

先ほどの記事から半日弱。

 

機内でついに果たした出来事についてお伝えしたい。

f:id:along1366:20200216022017j:image

 

そう!

 

和風料亭「賛否両論」さんの御膳を食べることに成功したのである。

 

それが何か、と思う方もいるだろう。

 

空弁とは得てして普通に食べるよりも値の張るものが多いし、それが当然とも思う。

 

しかし!

 

この「賛否両論 冬の二段重」は、圧巻のお値段1620円である。

 

弁当にそんな?と思うような値段だ。

 

しかし、予約を取ったり、実際に料亭に行くよりははるかに安い値段のはず。多分。

 

それに、何せよく聞く名前である。味わってみたいと思うのも致し方あるまい。

 

というわけで、いただいてみました。ビールと一緒に。

 

f:id:along1366:20200216023014j:image

 

お分かりいただけるであろうか。

 

ご飯はいずれもシャケの炊き込み、ゆかりご飯、など単体でも楽しめるようになっていること。

 

それから、いぶりがっこクリームチーズがついていること。

 

この2点から、酒飲みにも楽しんでもらおうという魂胆がわかるのである。

 

ここまでされたらアルコールと共にいただかないわけにはいくまい。

 

いぶりがっこクリームチーズは当然ながらビールと最高に合うし、カブを煮たものと卵焼きにはいずれもカニ餡掛けがかかっており、単体で楽しめる料理である。

さらに、牛肉と高菜の煮込みのようなものが、大変お酒を進ませてくれる。

 

コロッケかな?と思ったものは里芋のフライだ。弁当にありがちな、ソースをかけるという煩わしさから解放された、既に味付けされた状態で、ビールを促進する。

 

極め付けは酸味の効いたマヨネーズのかかった油淋鶏ライクな唐揚げだ。こいつは酒と組ませるしかない。ご飯にはもったいない。

 

そうやって揺れる機内で如何に瓶ビールを飲むか、と考えるのは大変に楽しかった。

 

しかし大阪はもっと楽しかった。

 

また次回!

 

 

 

 

空港の搭乗ラウンジには飛行機を乗る人しか入れない。

f:id:along1366:20200215123107j:image

 

のが辛すぎる。

 

保安検査受けたら自由に入れるようにして欲しい。

 

コンセント付きの席はあるし、目を上げれば色んな人が流れていくし、振り返れば飛行機が飛び立っていく。

 

おまけにアルコールが飲める。

 

こんなに文章を書くのが捗るカフェもないんじゃないか。

 

この為だけに飛行機乗ってるお金持ちのライターとかいるんじゃないか、という気持ちにさえなる。

 

あと12分で飛行機に乗れなくなるのがつらい。

 

大阪行ってきます。

バイノーラル音声をきちんと味わってみようとイヤホンに手を出してみた話。

その昔、けふぃーと添い寝というトラックをリリースしたことがある。

 

何故そんなものを作ったのかという話をすると長くなるので割愛するが、ともかく友人が添い寝をしてくれるというトラックを作ったのである。

 

それだけでは寂しいので思い切って台本をたくさん書いてもらい、「けふぃーと行く水族館デート」というCDができた。

 

yaminabe-an.booth.pm

 

それがこれだ。友人のデートドラマCDや添い寝ドラマを書くとかどうかしている。

 

しかし、このCDはそれでもやり残したことがあった。

 

それは、バイノーラル録音である。

 

元々添い寝トラックはバイノーラルで録音するつもりであったが、友人が自作したというバイノーラルマイクが上手く動作せず、泣く泣くパンを振るだけになってしまったのである。

 

あれ以来、いつかきちんとバイノーラルマイクで収録したトラックを作りたい……と思っていた。

 

しかし、それには。

 

僕自身がバイノーラルの良さを知らなければなるまい。

 

そう思い、e-イヤホンとヨドバシでの試聴の結果、1万円を切るぐらいで一番しっくり来るイヤホンを選んだ。

 

それがこいつだ。

 

https://www.yodobashi.com/product/100000001003474508/

 

f:id:along1366:20200214015047j:plain

Pioneer社製のSE-CH9T-K。

1つのフォンに対しねじれた線が2本入っているのがかっこいいし音が良さそう。よく知らんけど。

 

リケーブルが出来るタイプなのもランニングコストの面で良さそうだし、何よりバイノーラル音声の「近さ」を一番良く感じられたのがこいつだった。

 

他とは違う感覚を覚えられたのである。

 

そんな感じでバイノーラルを色々試しているんだが、右耳の方が感度がかなり高いという知見を得つつある。

 

どのあたりにハマっているかはR-18だったりまだよくわかっていなかったりで紹介できないのが残念だが、これを機に良いVtuberとかにハマれたら良いなという気持ちもある。

 

Vtuber、何回か見たんだけど「生身だったらブスでもなんでも良いけどもっと面白いんだろうな……」という感情がどうしてもね。あるのね。

 

やっぱ生の人間が好きというか。綺麗なところだけ出されるより汚いところも合わせてお出ししてほしいタイプの人間なんだね。

 

まあそんな感じで偏見もありつつ、ボイスだけならそのへん関係ないからね。ハマれるかもしれない……という希望的観測。

 

この話はちょいちょい追報告していこうと思っております。

渋温泉が思っていたのとは違う方向でめちゃくちゃ良かったという話。

バイト先が一段落したので、友人の誘いで渋温泉へ行ってきました。

 

大宮駅まで出てから、ひたすらに車を走らせ。

 

その間免許のない僕には人権もなく、7人乗りの車の最後列に隔離されていました。

 

なんとなく覚えのある扱いだったので初めからウォッカを調達し、コーラなんかにブレンドしたものを飲みつつ前の席に管を巻く。

 

三ツ矢サイダーアップル味はかなり相性が良かったです。

 

そしてひたすらにだる絡みをする。

 

時々流してほしい曲のリクエストなんかもする。

 

厄介な友人であります。

 

ところでリステージは良いぞ。

 

そんなことをしていると到着。

 

f:id:along1366:20200213032753j:plain

渋温泉到着。氷点下での檸檬堂が容赦なく右手を責める。

このときは大雪という予報だったものの、まだまだ大したことないという感じで余裕ぶっていました。

 

今回はひしや寅蔵さんというお宿さんに宿泊。

 

search.shibuonsen.net

f:id:along1366:20200213032927j:plain

ひしや寅蔵さんの内装。古めかしくも明るくいい雰囲気です。

 

 

しかしこいつがかなりの曲者な宿だったのです。

 

風景、というか環境は良いんです。内装もいいし、露天の雰囲気も最高、外に出れば渋温泉の街が広がっているときた。

 

f:id:along1366:20200213032803j:plain

渋温泉といえばこれ。金具屋さんの外観。素晴らしい。

 

しかしとにかく宿の人がどこにもいない。内線で呼び出してもおばあちゃんが来るのに10分掛かる(疲労骨折したらしい)、そのおばあちゃんじゃない人を呼ぼうにも主らしい人はレアエンカウント。

 

おまけに主人のおかげで宿泊予約が通っていなかったらしく、当日ギリギリ水が出ない部屋はあるものの夕ご飯はないという状態。

 

しかし、旅のトラブルといったらこれはむしろラッキーみたいなもの。荷物を置くと早速友人のオススメのイタリアン、小石屋さんに向かいます。

 

yadoroku.jp

 

入って5秒で惚れますよね、こんなレストラン。宿に飯がないという状況です。

 

ただでさえ一目惚れするような状況なのに、こたつ席があるんです。

 

この時点で、高校生男子が「今日親いないし夕飯どうしようかな…」って言ってたら、近所の幼馴染の女の先輩が「ご飯食べにおいでよ」って言ってくれたぐらいの惚れ具合です。

 

しかし小石屋さんの攻め手は止まらない。

 

なんと地元のクラフトビールがあるんですねえ~。

 

f:id:along1366:20200213032939j:plain

インペリアルコーヒーポーター。コーヒーのような香ばしさと程々のアルコール感。

「苦い人生」と書かれたグラスがニクイ。

 

そして料理も最高。

f:id:along1366:20200213032947j:plain

馬と鹿が入って馬鹿シチュー。馬鹿でも思いつくが、馬鹿には作れないジビエ料理

ジビエの「馬鹿シチュー」や「信州豚のビール煮」、「信州牛のハンバーグ」など一品で定食になりそうな料理をつまみにビールをやります。

 

ビールが無くなったら早々にワインを注文。

 

f:id:along1366:20200213032957j:plain

 

これもまた飲みやすい地ワインでございました。ワインのことはよくわからないんだけど。

 

f:id:along1366:20200213033009j:plain

ライスコロッケ。三角とは珍しいが、おにぎりと思えば珍しくない。

締めにはライスコロッケと盤石の体制。

 

この他にもキノコのフリットなど色々いただきましたが、どれも美味しかった。

 

程々に飲んで4000円ほど。十分お手頃でしょう。

 

宿に帰るととりあえず風呂。

 

やっぱり風呂は露天風呂一択だと思うんですよ。何時間でも入っていられるし。

 

この宿の最高なポイントは、露天風呂が借り切れるところです。

 

自分で札を裏返し、「貸し切り中」などと主張してしまえばしめたもの。

 

中で写真だって撮れます。なかなかないよねこういうの。

 

f:id:along1366:20200213032814j:plain

湯気で幽邃な雰囲気の夜の露天。これだけで宿泊料の価値がある。

渋温泉は源泉が50度台後半ととても暑いので、源泉とぬるくしたものが両方用意されていることが多いようですね。

 

ぬるくした方で長く入り、普段話さないことを話すのが醍醐味というものです。

 

しかしこの時点で僕はすっかり忘れていました。

 

僕は「雪を呼ぶ」ってことを。

 

ほどほどに遊び、起きる。

 

f:id:along1366:20200213032825j:plain

ビフォーアフター。正直わかりづらい。

f:id:along1366:20200213032838j:plain

埋まった我らの足。もう姿が見えません。

3月末の草津やら、白川郷で大雪を呼ぶ、生粋の雪男である僕が、大雪予報にぶち当たって何も起きないわけがない。

 

一晩で30cmの積雪。これ全部水だぜ?どうなってんの?

 

そうはいってもグラブルVSがどうしてもやりたいという友人の運転でHDMIケーブルを買いにイオンへ。ついでに酒も買い出し。

 

帰って昼食。こんな極寒でなんだけどどうしても「くるみだれそば」が食べたくて冷そばを食べる。

 

f:id:along1366:20200213035355j:plain

玉川さんのくるみだれそば。北柏とかいう激近に支店があって笑っちゃった。

ガラス張りのところでそば挽き臼の如くおじいちゃんが働き詰めていただけあって、打ち立てのそばは美味しい。

 

そして湯巡り。

 

traveltoku.com

 

詳細なデータはこちらに。

 

正直寒すぎて浴衣で回るのは2つが限界でした。六番と九番に行ってきました。しかし良い温泉でした。

 

九番は他とは違い、鉄の匂いのする温泉です。ぜんぜん違う泉質のがあると「湯巡りした!」という気持ちになれていいですね。ところで街の温泉からは硫黄の匂いもしたけどあれは何だったんだろ?

 

そんな感じで渋温泉、温泉好きにもグルメにもオススメの街でした。他にも泊まってみたくなる、そんな街です。

 

 

 

 最後に旅のお供のボードゲームを。

 

笑いすぎて疲れて寝ちゃった。

 

鬼滅の刃が分かりやすく面白いと感じたワケ。

というのも、多分こんなブログまで読んでくれているほどアンテナの高い方ならおそらくとっくに知っている話だろう。

 

しかし面白かったので書かずにはいられない。

 

そもそも、読もうと思ったきっかけは、小学5年生の生徒に勧められたためである。

 

塾講師という本業の都合上、やはり小学生に今なにがウケているのかというリサーチは重要だ。

 

国語を教えている以上は、小学生にどんな比喩表現が通じやすいのか?ということを常に追求していきたいからである。

 

もちろん万人に通じる比喩をするのは簡単である。が、比喩が面白いのは「思いつかなかったが、わかる」というギリギリのラインでこそだろうと思っている。

 

そんなわけで流行に乗ってみようと思った次第である。

 

そしてもうひとつ理由がある。それは「今の小学生ってそんなの読むの?」という興味である。

 

まだアニメも履修していない僕みたいなオタクの耳にも、なにやら人が死にまくる話だということは耳に入ってくる。

 

推しが死ぬと大人だってつらい気持ちになるのに、小学生がその悲しみに耐えうるものだろうか。

 

そのあたりが気になったのだ。

 

そして、2巻までkindleで読んでみた。

 

最近、似たような理由で進撃の巨人の無料試し読みにも手を出してみたのだが、鬼滅の刃が小学生にウケる理由がわかった気がする。

 

進撃の巨人は(まだそこまで読み込んでいないが)最初に出てくる設定が伏線として後から活きてくる、という展開が上手いらしい。

 

しかし、上手すぎるのかもしれない。それ故にある程度年齢が高い層に受けやすいのではないか。

 

今読んでいる部分だけでも伏線たっぷりだという話なのだが、正直なところ全く気付けるものではないのだ。

 

そこへ行くと、鬼滅の刃はそれなりに分かりやすい伏線が多い。

 

「この違和感は後から活きてくるんですよ」というように、ちょっと分かりやすく提示されるが多いように感じた。

 

その分かりやすい伏線の張り方が、あれだけグロテスクな描写が多いにも関わらず小学生にも受ける理由なのではないか。

 

それでいて、ストーリーがテンポよく進むので読んでいるうちに分かりやすい伏線のことはいつのまにか頭から消えている。

 

その辺りの巧妙さ、というか掴みの良さとか単純なストーリーの上手さもあるな、と。

 

もう少し読み進めてみたいところだ。

 

 

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)