良さ日記

スパークリング麦ジュースをこよなく愛し、ホップとポップを嗜む男の「良い物」紹介日記。

【秋M3告知】のんべえたちがコンビニおつまみをオススメする薄い本の3冊目が出ます。【セットで買える!】

珍しくまともに告知としてブログを書く。

 

のんべえたちがコンビニおつまみをオススメする薄い本、という同人誌を出している。

 

これはタイトルにだいたいのことが書いてあるので中身の説明は不要であろうが、要は宅飲みをオススメする本である。

 

昨今のコンビニ惣菜の進化は本当に目覚ましいもので、近所にセブンが1つしかなくても、1週間同じものを食べずに済む。*1

 

そんなコンビニ惣菜の中でも、特に美味しく、また酒に合うと思ったものを個々人で持ち寄り、レビューしてしまおうという企画である。

 

なんとも普通じゃないかという気もするが、特筆すべきはこれを音楽・メディアミックス同人即売会「M3」で、音楽とともに頒布してしまおう、というところなのだ。

 

なんとも運営に怒られても仕方のないギリギリのラインの気もするが、有り難いことにまだそのような声は掛けられていない。それ以来も闇鍋庵はM3全通を維持しているのである。

 

 

f:id:along1366:20191026012639j:plain

コンビニおつまみをオススメする薄い本3の表紙である。いつきりくさんの絵はいつも美しい。

この素晴らしい表紙もさることながら、中身もオススメとなっているので、秋M3に足を運ばれる人は是非一部手にとっていただきたい。

 

単品で500円、CDとセットで1000円となる予定だ。

 

サンプルも置いておこう。

 

f:id:along1366:20191026013257j:plain

f:id:along1366:20191026013316j:plain

f:id:along1366:20191026013325j:plain

f:id:along1366:20191026013333j:plain

気に入ったら是非。

う-07b、闇鍋庵によろしく!

 

 

*1:ここはサンティーノ・ダントニオ風に。何、わからない?すぐにジョン・ウィックチャプター2を見るんだ。

ジョン・ウィック3を観て、パラベラムの意味を初めて知ったやつだいたい友達。

ジョン・ウィック3、観てきました。

 

johnwick.jp

 

なんかしらずしらずのうちに結構人気が出ていたみたいで、うちの近所のTOHOシネマズでも日に2回上映しているという。アクション映画好きにはかなり周知されてきたみたいですねえ。

 

まあキアヌ・リーブスが銃で人を殺すというだけで面白い人種、人類の4割はいると思うのでもっと評価されてもいいとは思います。

 

でもやっぱりジョーカーの方がTLでは話題をよく見ますね。やっぱりストーリーの出来に色々言いたいというか、なんとなく読めてるものを見るよりも自分が好きかどうかわからないものを観に行くほうが人間ワクワクするんでしょうかね。

 

僕も時々「このアーティストでこの曲名ならどうせ良いでしょ現象」起きて、5日ぐらい新譜を放置したりすることがよくあったので気持ちはわかります。Spotifyに入ってからは勝手に流してくれるのでそんなこともあまりなくなりましたけど。

 

じゃあなくて、ジョン・ウィックの話でした。

 

ネタバレとか全然重要じゃないタイプの映画だと僕は思いますが、一応そういうの気にする人はこの先を読まないように!

 

続きを読む

ジョン・ウィック3を観て、パラベラムの意味を初めて知ったやつだいたい友達。

ジョン・ウィック3、観てきました。

 

johnwick.jp

 

なんかしらずしらずのうちに結構人気が出ていたみたいで、うちの近所のTOHOシネマズでも日に2回上映しているという。アクション映画好きにはかなり周知されてきたみたいですねえ。

 

まあキアヌ・リーブスが銃で人を殺すというだけで面白い人種、人類の4割はいると思うのでもっと評価されてもいいとは思います。

 

でもやっぱりジョーカーの方がTLでは話題をよく見ますね。やっぱりストーリーの出来に色々言いたいというか、なんとなく読めてるものを見るよりも自分が好きかどうかわからないものを観に行くほうが人間ワクワクするんでしょうかね。

 

僕も時々「このアーティストでこの曲名ならどうせ良いでしょ現象」起きて、5日ぐらい新譜を放置したりすることがよくあったので気持ちはわかります。Spotifyに入ってからは勝手に流してくれるのでそんなこともあまりなくなりましたけど。

 

じゃあなくて、ジョン・ウィックの話でした。

 

ネタバレとか全然重要じゃないタイプの映画だと僕は思いますが、一応そういうの気にする人はこの先を読まないように!

 

続きを読む

ジョン・ウィック3を観て、パラベラムの意味を初めて知ったやつだいたい友達。

ジョン・ウィック3、観てきました。

 

johnwick.jp

 

なんかしらずしらずのうちに結構人気が出ていたみたいで、うちの近所のTOHOシネマズでも日に2回上映しているという。アクション映画好きにはかなり周知されてきたみたいですねえ。

 

まあキアヌ・リーブスが銃で人を殺すというだけで面白い人種、人類の4割はいると思うのでもっと評価されてもいいとは思います。

 

でもやっぱりジョーカーの方がTLでは話題をよく見ますね。やっぱりストーリーの出来に色々言いたいというか、なんとなく読めてるものを見るよりも自分が好きかどうかわからないものを観に行くほうが人間ワクワクするんでしょうかね。

 

僕も時々「このアーティストでこの曲名ならどうせ良いでしょ現象」起きて、5日ぐらい新譜を放置したりすることがよくあったので気持ちはわかります。Spotifyに入ってからは勝手に流してくれるのでそんなこともあまりなくなりましたけど。

 

じゃあなくて、ジョン・ウィックの話でした。

 

ネタバレとか全然重要じゃないタイプの映画だと僕は思いますが、一応そういうの気にする人はこの先を読まないように!

 

続きを読む

USGと田淵氏作詞作曲の違いは、斎藤さんの歌と鈴木さんのドラムである。

何当たり前のことを言ってんだと思った読者のみなさん、ちょっと待ってほしい。

 

10/11 00:00を以て。

 

UNISON SQUARE GARDENのサブスク解禁である。めでたい!!!!!!!

 

これでまだ我が家に届かないPhantom Jokeが狂うほど聴けるようになった。

 

で、なんだっけ。USGと田淵さんのソロプロの違いについてだ。

 

直近で僕がドハマリしていた田淵氏作詞作曲のリステ本城香澄ソロ曲がこれである。

 

 

 

ライブで徹頭徹尾夜な夜なドライブなんていうシンガロング上等ソングを演奏しておいて「好きにしてくれ、周りに合わせなくていい」とか言っちゃう田淵さんが「せーので跳べ」って言ったことに対する反応もさることながら、笑い声が入るなどボーカルもかなり攻めてるし、ドラムもベースも手数が結構なものだ。

 

これは伊藤翼さん編曲だそうだけど、結構田淵さんぽく寄せて編曲してるんじゃないかなーと思う。

 

で、すげ~ユニゾンぽく尖っててすごいですね~なんて話をお渡し会でしたりもした。

 

そしてこれである。

 

これである。

 

これなのである。


【1日限定公開】UNISON SQUARE GARDEN「Phantom Joke」

 

ごめんなさい舐めてました。ドラムもベースも段違いである。

 

そもそも数えていないとどこで4拍子に戻るのか全然わからない3拍子のBメロがすごい。意味がわからない。

 

思考停止した結果「4+3=7で七章なんだろうな……」とか言っちゃうぐらい意味がわからない。

 

そしてこのドラム。ハイハットの刻みが早すぎて見えない。

 

それは良いんだけどどっから鳴ってるかわからない低音が聴こえてくる。どんなスピードで足動いてんの?それタムなの?

 

こんなことしたらクタクタになっちゃうよって言いたいんだけど、この鈴木貴雄という人はライブ本番中、他のメンバーを休ませて10分とかドラムソロを叩き続ける。

 

で、そのまま後半戦が始まる。つまりこの人だけ休まないのである。

 

多分人間じゃないし、ライブに行きたい。

 

 

本日の一曲「五月雨/レミオロメン」~レミオロメン、なんか降らせた曲良いがち~

来ました本日の一曲のコーナー。

 

今回もやっていきましょう。

 

やはり最近の大ニュースといえば、スピッツspotify全曲配信ですかね!

 

いや~本当に大ストリーミング時代ですなあ。これからはサブスクで広く浅い支持、CD限定音源でコアファンを、みたいな感じが主流になっていくんでしょうかね。

 

いやしかし、スピッツが配信されて何が嬉しかったってスピカが聴けるようになるのがすごく嬉しい、ぐらいのミーハーちゃんなので、もうちょっと掘ってからそっちの話はしましょうかね。

 

そうそう、レミオロメンもいつの間にか配信されてたわけですよ。

 

やっぱりレミオロメンといえば世間の評価は粉雪と3月9日の人たち、みたいな感じになるんでしょうか。

 

個人的に好きなのは「五月雨」「モラトリアム」「雨上がり」「紙ふぶき」あたりなんですよね。

 

爽やかな曲もいいけど、ちょっとアップテンポな攻撃性の高めな曲が一番映えるバンドかなと。

 

あと粉雪と合わせて考えると、レミオロメンなんか降ってる感じがするタイトルの曲多いし、全部いいな……という気持ちになります。

 

その中でも今回は五月雨を今日の一曲にしておきます。

 

 

 

「びしょ濡れだけどさよなら さよなら 気にしないでね 僕らは雨滴(あまつぶ)でも舐めるさ」ってとこ、すごい卑屈過ぎやしませんかね。

 

と思いきや、「見上げたのは 青空 青空」のメロの上がり方!ここで一気にテンションが上がるんですよね。雨が上がった描写を音楽だけでここまでやり切ってる曲、なかなかないと思います。

 

この曲のイマイチ感情が読めない歌詞と、感情的なメロディーラインの対比がすごく好きですね。不思議な感情で聴けるバンドですほんと。

 

今回はこの辺にしておきましょう。また次回!

 

 

 

 

Amazonアソシエイトの認可がすげえ早くてテンション上がったって話。

せっかくプロにしたのでアドセンスも貼れるし良かったもの紹介のついでにお金も入ってくる!やったー!とは思ったものの、グーグルアドセンスの設定がなかなか上手く行かず苦戦していました。

 

そんな中でとりあえずプライバシーポリシーを書かなければならないということが発覚し、いい感じのところからコピペしていたところ、Amazonアソシエイトという広告があるのも発見。

 

許可くーださい!と言ったところ、20分ほどで許可が出ました。何というスピードだ!流石俺たちのAmazon

 

というわけで、広告を貼ってみることに。

 

やっぱり今貼るならついこないだ終わったばかりのリステ関連商品でしょう。

 

僕はどうしても欲しい物があった(RemixCD)のできゃにめで買いましたが、きゃにめはまとめて注文すると勝手に一番発売日の遅い商品に合わせたり、キャンセルが一切できなかったりと、通販サイトとしてはかなり疑問が残る出来なので、Amazonで買うのが一番ストレスフリーだと思います。

 

よろしければこちらの記事を読んでからだともっとエモみが増すと思いますのでよろしければ。

 

 

www.yosanikki.tokyo

 

 

 

 

良いコンテンツなので続きますよう願いを込めて。