良さ日記

スパークリング麦ジュースをこよなく愛し、ホップとポップを嗜む男の「良い物」紹介日記。

渋温泉が思っていたのとは違う方向でめちゃくちゃ良かったという話。

バイト先が一段落したので、友人の誘いで渋温泉へ行ってきました。

 

大宮駅まで出てから、ひたすらに車を走らせ。

 

その間免許のない僕には人権もなく、7人乗りの車の最後列に隔離されていました。

 

なんとなく覚えのある扱いだったので初めからウォッカを調達し、コーラなんかにブレンドしたものを飲みつつ前の席に管を巻く。

 

三ツ矢サイダーアップル味はかなり相性が良かったです。

 

そしてひたすらにだる絡みをする。

 

時々流してほしい曲のリクエストなんかもする。

 

厄介な友人であります。

 

ところでリステージは良いぞ。

 

そんなことをしていると到着。

 

f:id:along1366:20200213032753j:plain

渋温泉到着。氷点下での檸檬堂が容赦なく右手を責める。

このときは大雪という予報だったものの、まだまだ大したことないという感じで余裕ぶっていました。

 

今回はひしや寅蔵さんというお宿さんに宿泊。

 

search.shibuonsen.net

f:id:along1366:20200213032927j:plain

ひしや寅蔵さんの内装。古めかしくも明るくいい雰囲気です。

 

 

しかしこいつがかなりの曲者な宿だったのです。

 

風景、というか環境は良いんです。内装もいいし、露天の雰囲気も最高、外に出れば渋温泉の街が広がっているときた。

 

f:id:along1366:20200213032803j:plain

渋温泉といえばこれ。金具屋さんの外観。素晴らしい。

 

しかしとにかく宿の人がどこにもいない。内線で呼び出してもおばあちゃんが来るのに10分掛かる(疲労骨折したらしい)、そのおばあちゃんじゃない人を呼ぼうにも主らしい人はレアエンカウント。

 

おまけに主人のおかげで宿泊予約が通っていなかったらしく、当日ギリギリ水が出ない部屋はあるものの夕ご飯はないという状態。

 

しかし、旅のトラブルといったらこれはむしろラッキーみたいなもの。荷物を置くと早速友人のオススメのイタリアン、小石屋さんに向かいます。

 

yadoroku.jp

 

入って5秒で惚れますよね、こんなレストラン。宿に飯がないという状況です。

 

ただでさえ一目惚れするような状況なのに、こたつ席があるんです。

 

この時点で、高校生男子が「今日親いないし夕飯どうしようかな…」って言ってたら、近所の幼馴染の女の先輩が「ご飯食べにおいでよ」って言ってくれたぐらいの惚れ具合です。

 

しかし小石屋さんの攻め手は止まらない。

 

なんと地元のクラフトビールがあるんですねえ~。

 

f:id:along1366:20200213032939j:plain

インペリアルコーヒーポーター。コーヒーのような香ばしさと程々のアルコール感。

「苦い人生」と書かれたグラスがニクイ。

 

そして料理も最高。

f:id:along1366:20200213032947j:plain

馬と鹿が入って馬鹿シチュー。馬鹿でも思いつくが、馬鹿には作れないジビエ料理

ジビエの「馬鹿シチュー」や「信州豚のビール煮」、「信州牛のハンバーグ」など一品で定食になりそうな料理をつまみにビールをやります。

 

ビールが無くなったら早々にワインを注文。

 

f:id:along1366:20200213032957j:plain

 

これもまた飲みやすい地ワインでございました。ワインのことはよくわからないんだけど。

 

f:id:along1366:20200213033009j:plain

ライスコロッケ。三角とは珍しいが、おにぎりと思えば珍しくない。

締めにはライスコロッケと盤石の体制。

 

この他にもキノコのフリットなど色々いただきましたが、どれも美味しかった。

 

程々に飲んで4000円ほど。十分お手頃でしょう。

 

宿に帰るととりあえず風呂。

 

やっぱり風呂は露天風呂一択だと思うんですよ。何時間でも入っていられるし。

 

この宿の最高なポイントは、露天風呂が借り切れるところです。

 

自分で札を裏返し、「貸し切り中」などと主張してしまえばしめたもの。

 

中で写真だって撮れます。なかなかないよねこういうの。

 

f:id:along1366:20200213032814j:plain

湯気で幽邃な雰囲気の夜の露天。これだけで宿泊料の価値がある。

渋温泉は源泉が50度台後半ととても暑いので、源泉とぬるくしたものが両方用意されていることが多いようですね。

 

ぬるくした方で長く入り、普段話さないことを話すのが醍醐味というものです。

 

しかしこの時点で僕はすっかり忘れていました。

 

僕は「雪を呼ぶ」ってことを。

 

ほどほどに遊び、起きる。

 

f:id:along1366:20200213032825j:plain

ビフォーアフター。正直わかりづらい。

f:id:along1366:20200213032838j:plain

埋まった我らの足。もう姿が見えません。

3月末の草津やら、白川郷で大雪を呼ぶ、生粋の雪男である僕が、大雪予報にぶち当たって何も起きないわけがない。

 

一晩で30cmの積雪。これ全部水だぜ?どうなってんの?

 

そうはいってもグラブルVSがどうしてもやりたいという友人の運転でHDMIケーブルを買いにイオンへ。ついでに酒も買い出し。

 

帰って昼食。こんな極寒でなんだけどどうしても「くるみだれそば」が食べたくて冷そばを食べる。

 

f:id:along1366:20200213035355j:plain

玉川さんのくるみだれそば。北柏とかいう激近に支店があって笑っちゃった。

ガラス張りのところでそば挽き臼の如くおじいちゃんが働き詰めていただけあって、打ち立てのそばは美味しい。

 

そして湯巡り。

 

traveltoku.com

 

詳細なデータはこちらに。

 

正直寒すぎて浴衣で回るのは2つが限界でした。六番と九番に行ってきました。しかし良い温泉でした。

 

九番は他とは違い、鉄の匂いのする温泉です。ぜんぜん違う泉質のがあると「湯巡りした!」という気持ちになれていいですね。ところで街の温泉からは硫黄の匂いもしたけどあれは何だったんだろ?

 

そんな感じで渋温泉、温泉好きにもグルメにもオススメの街でした。他にも泊まってみたくなる、そんな街です。

 

 

 

 最後に旅のお供のボードゲームを。

 

笑いすぎて疲れて寝ちゃった。

 

鬼滅の刃が分かりやすく面白いと感じたワケ。

というのも、多分こんなブログまで読んでくれているほどアンテナの高い方ならおそらくとっくに知っている話だろう。

 

しかし面白かったので書かずにはいられない。

 

そもそも、読もうと思ったきっかけは、小学5年生の生徒に勧められたためである。

 

塾講師という本業の都合上、やはり小学生に今なにがウケているのかというリサーチは重要だ。

 

国語を教えている以上は、小学生にどんな比喩表現が通じやすいのか?ということを常に追求していきたいからである。

 

もちろん万人に通じる比喩をするのは簡単である。が、比喩が面白いのは「思いつかなかったが、わかる」というギリギリのラインでこそだろうと思っている。

 

そんなわけで流行に乗ってみようと思った次第である。

 

そしてもうひとつ理由がある。それは「今の小学生ってそんなの読むの?」という興味である。

 

まだアニメも履修していない僕みたいなオタクの耳にも、なにやら人が死にまくる話だということは耳に入ってくる。

 

推しが死ぬと大人だってつらい気持ちになるのに、小学生がその悲しみに耐えうるものだろうか。

 

そのあたりが気になったのだ。

 

そして、2巻までkindleで読んでみた。

 

最近、似たような理由で進撃の巨人の無料試し読みにも手を出してみたのだが、鬼滅の刃が小学生にウケる理由がわかった気がする。

 

進撃の巨人は(まだそこまで読み込んでいないが)最初に出てくる設定が伏線として後から活きてくる、という展開が上手いらしい。

 

しかし、上手すぎるのかもしれない。それ故にある程度年齢が高い層に受けやすいのではないか。

 

今読んでいる部分だけでも伏線たっぷりだという話なのだが、正直なところ全く気付けるものではないのだ。

 

そこへ行くと、鬼滅の刃はそれなりに分かりやすい伏線が多い。

 

「この違和感は後から活きてくるんですよ」というように、ちょっと分かりやすく提示されるが多いように感じた。

 

その分かりやすい伏線の張り方が、あれだけグロテスクな描写が多いにも関わらず小学生にも受ける理由なのではないか。

 

それでいて、ストーリーがテンポよく進むので読んでいるうちに分かりやすい伏線のことはいつのまにか頭から消えている。

 

その辺りの巧妙さ、というか掴みの良さとか単純なストーリーの上手さもあるな、と。

 

もう少し読み進めてみたいところだ。

 

 

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)

 

 

 

本日の一曲「クライベイビー/サイダーガール」

サイダーガールが、良い。

 

 

 

サイダーガールというバンド名、SODA POP FAN CLUBというアルバム名、80年代サブカルマンガっぽいジャケットという明らかにナンバガ大好きじゃんこの人達、という面構えからは全く想像出来ないほどに爽やかかつストレートなロックをやる人々であった。*1

 

なんならラスサビの中域だけになるところまでストレートすぎる。王道すぎる。しかしそれがいい。

 

楽曲における好きの比重がメロディと(歌モノなら)歌詞に大きく偏っているタイプの人間であったことを再確認させられる、そんな曲である。

 

ネバーエンドユーって聞こえるところなんて言ってるんだろ……と思って調べたらマジでネバーエンドユーだった。意味がわかりゃ文法とかどうでもいいだろという開き直りが最高である。

 

ちなみに、「ねえクライベイビー」ってなんだ?ねえ泣けよって恋人に言ってんのか?と思ったらcrybabyで「泣き虫」の意らしい。ひとつ賢くなった。ねえ泣き虫さん。なるほどちょうど良くまっすぐな歌詞だ。

 

だってサビで「さあフルボリュームで飛ばしてゆけ その羽根でゆけるさティンカーベル」ですよ?どう考えてもこいつがピーターパンです。空飛んでます。

 

そのぐらいのストレートさを出しつつ、歌い出しは「ねえクライベイビーこんなもんだろと 笑い飛ばして」なんですよ?退屈な現実をこんなもんだろと笑い飛ばすところから始まるんですよ?好きになるに決まってる~。

 

調べたらどうも、ボカロP3人組のバンドらしい。なんか最近そういう出自で刺さるの多くて、同世代なのかな……という気がする。勝手に。

 

こういうバンドのライブって本当に楽しいんだよな―。行ってみたい。誰か連れてってください。

 

 

SODA POP FANCLUB 3(通常盤)

SODA POP FANCLUB 3(通常盤)

 

 

 

*1:しかしブラスは鳴る。そういうところも好き

RPGもにわかならコードの耳コピも出来ない奴がUNAQREIAの好きなところを語ってみた。

UNAQREIA、ご存知であろうか。

 

2018年、めっきりソーシャルゲームに押され下火だった和製コンシューマーゲーム界に流星の如く現れ、そのストーリーの面白さとゲーム性、そしてその二つが予想もつかない形でその本性を表すことで2018年ゲーム業界の話題をかっさらったRPGである。

 

……という設定(ではないと思う)のdaph氏、ああああ氏、海秋氏のお三方により制作された架空サウンドトラックである。

 

 

silkwork-games.com

 

なんでしょうこの作り込みは。架空のものこそ細部までこだわるべき、そうすることでこの世に影が表れる……そんな鬼気迫る勢いすら感じる。この世にUNAQREIAというゲーム「だけが」ないのだと。

 

 

 

そんなCDですが、いつの間にやらサブスクリプションで聴けるようになっていたので聴き返しながら好きなところをちょいちょいと語っていきたいと思いつつという感じ。良かったら流しながら読んでいただけると嬉しい。

 

まずタイトル曲。前触れ無く入るピアノのオクターブがタイトルロゴを感じさせる。みんなにも見えるよね?よしよし。希望あふれる旅立ちではなく、ちょっと悲壮感のある旅立たないといけないという決意を感じさせるフレーズである。

 

しかしそれが主人公であろうラルフのテーマ、そして始まりの街たる中央としユースティティアで裏切られる。なんて明るいフレーズなんだ、と!そうすると、悲壮にくれた旅人は僕たちではないということになる。とすれば、一体それは誰なのか……

 

そんなことを考えつつ聴きすすめると、「おやすみ」という曲に驚かされる。そこまで作るのか!作っちゃうのか!宿屋での会話の後、電気が暗くなりつつ流れるあの曲じゃないか!

 

この曲が次のメイン格キャラの曲であるヴァルダ―のテーマの前に入っていることを考えると、ラルフはこの街に「おやすみ」を言える誰かがいるのだろう。それがどんな奴か、なんてことを考えるのも一興だ。

 

ヴァルダ―はベースとオルガンが印象的な、ちょっとキザったらしい曲である。こういうキャラが本気で恋をするのが俺は大好きなんだ。知っているぞ。

 

そして切迫,encounter#1,勝利!という一連の流れ。2キャラ目が合流しての初戦闘の流れ……さてはヴァルダ―、追われてたか?札付きか?いやしかしこういう奴は勘違いされ屋かラスボスの二択なんだよな……なんてことを思いながら聴くことが出来る。

 

ルネのテーマ、それ自体はどことなくオリエンタルな、ほんのりとした神秘を感じさせるいかにも巫女然とした曲なんだけれども、PVのセリフ、そしてその次に唐突に入り込んでくるPrologueという曲。それまでと違う悲しげなメロディ。このキャラ、どうも「なにか」有りそうなんだよな……そしてタイトル曲の引用。もしかするとルネがこの話の核心を握っているのだろうか。

 

2番目に訪れることになる水の都カリタスはピアノのイントロというラインで繋がりつつも、全体的に優しげな雰囲気である。そんな妄想を補強するえっ?という曲。誰かが頓珍漢なことを言っている会話中に流れる、そんな雰囲気の曲だ。バカ話でもしながら歩ける、そんな街なのだろう。

 

そして水竜の洞窟。どう考えたって名前だけ見れば倒すべき相手のような名前であるが、どうにも捉えどころのないメロディと音使いである。この竜はきっとメチャクチャ搦め手を使ってくる敵か、すごい飄々としてるけどメッチャ頭が良くて良いものくれる味方かどっちかなんだろうな。

 

そうすると今度出てくるのは新政府ユグドラである。ユグドラシルから取られただろう名前と新政府という文字、そして軍!という感じのメロと音使い。急進派が革命を起こし、新政府を勝手に名乗ったんだろうという想像が容易に出来る、そんな曲である。お気に入りの曲。このあたりできっと小競り合いをしたり、止めたりと戦闘曲が出突っ張りなんだろうなあ。

 

森の街スペスとナディア、精霊の森はこのストーリーのさわりに「マナ枯渇」「コロニー移住」という言葉が出てきたことを考えると、なんとなくこのあたりでもストーリーの根っこに近いところに触れるような気がしてならない。なんとなく魔法に溢れてそうなイメージの湧く曲順である。本当は解決できるはずだったのではないか、みたいなね。ユグドラシルも樹の名前だし、何らかの繋がりがあるんじゃないか。それがどこからきているのかはわからないけど……

 

ちょっと長くなりそうなので憩いの時を聴きながら続きは後編に持ち越しましょう。最近レビュー長すぎて2つに分けること多いね。こういう曲が入ってくると、あ~これが最後の安息か……って気持ちになる、そういうテイストをドンピシャで表現しててほんとすごい。

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乗るしかねえ、ラブコメのビッグウェーブに。

基本的に、質が良いものであれば好きな人が増える。当たり前の話である。

 

とすると、本当に好きなものというのは「多少質が悪くとも好んでしまうもの」なのではないだろうか?

 

日本語の先人は偉大である。良し悪しが分かることを「目が効く」と表現し、一方でどうしようもなく好んでしまうことを「目がない」と言い表した。

 

であれば。目が効かないものこそ、本当に好きなものなのだろう。

 

僕はラブコメに目がない。

 

目がないということに気がついたのは最近である。

 

そう考えてみると、昔からエヴァとかの雑な学園パロディでも美味しくいただけるし、涼宮ハルヒちゃんの憂鬱は本編より熱心に買い漁っていた。

 

なぜ今まで気が付かなかったのかという話ではある。

 

野崎くんをはじめ、コメディの割合がラブを超えているものであれば大概なんでもいただけるようなのである。

 

しかしラブコメには波がある。ラブコメしか読みたくない時期と、ラブコメ以外しか読みたくない時期があるのである。

 

この2020年1月。久々のラブコメの波が来た。

 

実に去年かぐや様にドハマリして以来なので、半年ぶりである。

 

普段は自転車で15分か、そこから電車で10分の場所に通っているので、退屈な電車通勤とは無縁な僕であるが、この時期はそうはいかない。

 

激励という任務があるのである。塾講師特有の、受験校まで受験生を応援しに行くやつである。

 

必然、それなりに遠い学校へも行くことになる。

 

すると。

 

電車に揺られ暇な時間が出来る。

 

しかし俺はもう怖くない。iPadを手に入れたからである。

 

こいつをiPhoneテザリングしてやれば、kindle読み放題という寸法である。

 

そして僕は「僕の心のヤバイやつ」を買った。

 

 

僕の心のヤバイやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 
僕の心のヤバイやつ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

これがまあ~、面白い。

 

ブコメはNLであれば基本的に、男女がくっつくまでのくっつくかくっつかないかという微妙な距離感のときが一番楽しいのは当然である。

 

そうすると必然、好きだという心理描写は極力引き伸ばされる。

 

そこを上手いこと告らせたいに持っていったのがかぐや様だった。告らせたいは死んだけど。

 

僕ヤバはすごい。低身長陰キャ男と小学生みたいな高身長美形女にすることで、好きだという心理描写をごく早い段階でこなしつつ、自己肯定感の低さから告白をディレイさせている。

 

この現代とは思えない、中世の身分違いの恋のような設定を上手く使いこなしている手腕には脱帽した。

 

一歩間違えば、主人公への自己投影で暗くなりそうな設定だが、そういった部分を暗くしすぎず、共感しやすい部分で共感させる。

 

そして山田がダメな女すぎる。

 

この面白さは到底文字にできないので、是非読んでほしい。

 

 

 

 

東京事変に言われるまで閏年っていうのをすっかり忘れてた。

すっかり正月休みを取ってしまった(ブログの上では)。

 

実際には正月特訓や冬コミなど様々なことがあったのだが、皆様の知る由ではあるまい。

 

あけましておめでとうございます。今年も良いもの沢山載せたい。どうぞよろしく。

 

やはり2020年一発目のニュースと言えばこれだったろう。

 

 

 

東京事変復活。

 

元々友人に椎名林檎大好きな人間がおり、聴かされていたものの当時はそこまでがっつりハマっていたわけではなかった。

 

彼は東京事変椎名林檎にとってノイズ、ぐらいに思っていたほどに椎名林檎原理主義的だったのだが、僕としては東京事変の方が肌に合うな、くらいの気持ちだったのだ。

 

しかし緩やかに音楽制作したりするうちに、じわじわと凄さが分かってきたというか、自分には絶対に作れないタイプのものであることを理解していくうちに、刺さるものも増えてきたという感じだった。

 

と同時に、自分はどこまでもキャッチーよりなものが好きだな……とも思わされるバンドである。

 

 

 

こういうのとかね。

 

それを提供してくれるという点で、やはり恐ろしいバンドである。

 

一度ぐらい見に行きたいなー。倍率恐ろしいぐらい高いんだろうけど。

 

ちょっとBDでも買ってみますか。

 

 

Bon Voyage [Blu-ray]

Bon Voyage [Blu-ray]

 

 

 そうだ、これは今度から言っていこうと思うんだけど。

 

よかったらブログのシェア、お願いします。ツイッターでもラインでも口コミでも。

 

多分そのへんにボタン付いてると思うので。

 

 

 

 

 

 

本日の一曲「まだスイミー/持田香織」

まだスイミー, a song by Kaori Mochida on Spotify

 

まだ結婚できない男

 

刺さるタイトルのドラマである。

 

あの頃は笑って見ることができた阿部寛氏も、いつの間にか鮮明な未来予想図として僕に迫ってくる。

 

しかしそんなことは今はどうでもいい。

 

前作での主題歌であったスイミーもまだスイミーとなって帰ってきた。

 

おかしい。

 

あまりに僕好みのアレンジが過ぎる。

 

ボーカルの揺らぎ感もそうだし、鐘の音とかピアノあたりの楽器のアレンジが僕を直球に狙ってきている。

 

わざわざソロ名義になっているのだしいっくんではないだろうが誰だ…?と思いつつ調べる。

 

持田香織の新曲がドラマ『まだ結婚できない男』の主題歌に決定 | BARKS

 

いや、ミトさんじゃねーか!!!

 

そら好きだわ…なんだこの圧倒的な納得感とちょっぴりのガッカリ感は…

 

ガッカリとかいうと勘違いされそうですが。

 

ミトさんといえば、クラムボンという圧倒的性格良さそう系渋谷系ミュージックをやりつつ、

 

シカゴ, a song by clammbon on Spotify

 

夏川椎菜プロデュースでもそのオシャンミュージックを発揮しているおじさんである。

 

グレープフルーツムーン, a song by Shiina Natsukawa on Spotify

 

そりゃあ好きでしょうと思った。

 

曲としては同じなんだけど、季節が夏から秋になるように微妙に歌詞が変わってていいですね。

 

といったところで終わろうかと思ったんですが…

 

f:id:along1366:20191220173638p:image

 

おいおいサザン来ちゃったよ。

 

といったところでびっくりしたので今度こそ終わり。